ターンオン影
コンサートペンライトのターンオン

業界採用本物コンサートペンライト(電池式、LED)の通販。ハート・スター・LOVE・スティックなど全206種類!

TurnOn ペンライトウェブショップTurnOn ペンライトオリジナルTurnOn ペンライトウェブショップ案内TurnOn注文方法TurnOnお問い合わせターンオン会社概要ターンオン会社概要

TurnONコンサートペンライト

会場の「ペンライトの光の海」って、すごくキレイで感動しますよね!
でも、皆さんの「感動」の裏で「創っている=私」は、いつも「ドキドキ&ハラハラ」。
そして「ホッ」とを繰り返しています。
「キレイに明るく光って壊れない、ちゃんとしたコンサートペンライトを創る」って、
とても「責任重大」で難しいことなんです。

「ペンライト創ってみないか?」某大手芸能プロダクションの担当部長から相談され、
「いいからとりあえず見に来い」と言われるがまま案内され、実際の開演中、ホールと
販売現場を見(手伝い)、そして製作までまかされてもうすぐ10年。
数えきれない「うれしい」や「感動」そして「胃が痛くなる思い…」を経験してきました。

当時(約10年前)、私が現場で目の当りにした光景は、ペンライトって「ファンの皆さんやプロダクションの思い」とは裏腹に、光や電気、さらに使用時の安全性に無関心な「大人=業者たち」が「商売」として「安易に、安く、いい加減」に作っていて、「暗くてショボい!」「点かない!」「消えた!」や「頭だけ飛んでいった!」の不良品だらけで、終演後は大クレーム&パニック。「私の一日返して!」と怒り泣き叫ぶファンも…。

「よし!何とかするぞ!」と、意気込んで取り組み始めたものの、単純に「明るいライト」を装着しても、ぜんぜんペンライトとして明るくもキレイにも光らないし、それに会場では、ものすごい勢いで振り回し、手拍子したり、隣の人にぶつけたりと、とても乱暴&危険に扱われていて…。それでも、みんなペンライトに期待してくれているし…。もし、「大事故」でも起こせば、ファンだけではなくアーティストさんやプロダクションの名前にも傷をつけ、さらにコンサート自体を台無しにしてしまう…=私個人が「失敗してしまいました。ごめんなさい。」では絶対に許されないものすごく「責任重大」であることに、気付かされました。創るたびに、プレッシャーとの戦いです…。

「責任重大」だからこそ、この約10年、私は「コンサートペンライトとは?」を真剣に考え、自分で「設計+デザイン+製造」まで、試行錯誤を何度もくりかえしてきました。ただ
「キレイに明るく光るように創る」だけでなく、電流・電圧、さらには会場や天候ごとの温度・湿気・静電気、輸送中の微振動etc…。やればやるほど、いろいろな問題に直面しました。
*ツアー直前に、問題に気づいて数万本作り直したこともあります。

それでもめげずに、自分が納得するまで何度も改良を繰り返し、どうにか大事故を起こさず、現在まで乗り越えてきました。
そんなこんなで、気がつけば今年(2012年2月)で「770万本」も創ってきたことに、
驚きと「自信」があります。

TurnONコンサートペンライトシリーズは、「装置」も「発光部形状」も「色」も「安全性」も、「キレイに光って壊れない」にこだわって、さらに、皆様から当社に寄せられた「こんなの創って!」をプラスして作成した、私の「自信作」です。
装着されている「レンズ」や「拡散フィルム」また「内臓コンピュータ」や「配線基盤」さらに「素材」や「成型方法」まで、数々の「コンサート現場経験」を生かし作製しています。一見、派手さはなくシンプルですが、「実際にコンサートで使用するペンライトとしてBESTの創り」だと自負しています。

昨年5月のGW、某アイドルさんのコンサート中に控え室で、当時の某大手芸能プロダクション担当部長(今では取締役に大出世のT・A氏)にちょこっと見せたところ、「こういうのが一番良いんだよな」とボソっと一言。
今までの苦労が、さらに報われた気がしました。

2012.2 TurnON T.K

TurnONコンサートペンライト

 ◆ 点灯しない!消えてしまう!:業者都合の「低価格+雑なつくり」…

輸入業者や商社が、海外でつくらせたペンライトで往々にして「点かない・消えた」の不良品が多数発生します。そもそも、設計段階から「コンサートでの使用」を考慮していませんので、当たりまえの不良品です。

さらに、外見はキレイでも「中身:装置部」は、ひどく「雑」なものが多い!使い古しの電池やサビているライトまで…。某ツアー中、あまりの不良品の多さとひどさに、私はプロダクション担当者に依頼され、実際に海外の製造工場まで足を運んで見てきましたが「とにかく安く作れ!と日本人業者に言われてるから…指示はそれだけだから…」と。図面を確認したら、そもそも設計が間違っていたので…。悲しいことに、ツアー中の修正・修復は不可能でした。輸入業者や商社にしては「安いほうがいい=商売」なのでしょうが、ファンにとっては無責任で迷惑な話です。

*私の経験からペンライトに関して、海外製品(特に○国製品)の不良品発生率は「約8〜20%」です。
 日本の工業製品基準の不良率「約0.3%以内」と比べると27〜66倍の不良品が発生する可能性があります。
 ものすごい数です。

 ◆ このペンライト暗い!光って見えない!
     :「キレイに光らせるには」を考えてつくっていません!

ただ「ライトをちょこんと装着した、単純なつくりかた」では、ペンライトはキレイに光りません。

「コンサートで使用するペンライト」として「キレイに明るく光らせるため」の「光の回りかたや、反射角度」も計算・工夫せずに「ロゴマークなどをデザインだけしたケースやプレートに、単純に光を当てているだけのペンライト」を販売した際に多数このクレームを受けました。

「デザイナーさんの指示なので…。」と、製造業者の言い訳。確かに「見た目」も大切ですが、ペンライトなんだから「光った時」はもっと大切なのに…。もう少し考えてくれないと…。楽しみにしていたコンサートで、自分のペンライトが「ショボイ光り」じゃ、物足りなく悲しいですよね。

 ◆ 割れた!部品が飛んでいった!
    :「振りまわす+たたく」は「当たりまえの使いかた」ですよね!

単純に接着剤やネジだけで「何の工夫もない連結」は「振りまわす+たたくは当たりまえ」のコンサートペンライトとして「使用に耐えうる強度」が足りません。「この飛び散ったプラスチックのゴミを何とかしろ!」と、ファンだけではなく会場からもクレームとなりました。

 ◆ 実際にペンライトは凶器になりました=発光部は軽く柔らかく。硬い部品は絶対NG

興奮状態で振り回す=ペンライトです。実際に私が設計した、発光部先端にオシャレな装飾プラスチック(硬いが、鋭利な角がない:インジェクション成型品)を装着し、さらに折れないように固く強度を持たせて制作した、デザイン性に凝ったペンライトで、実際に人身事故「前のお客様の頭を殴って流血」を、起こしてしまったことがあります。開演中でパニックになりました。
今思えば、発光部先端に「重い」を装着すると遠心力が増しさらに「硬い」では、全く衝撃吸収しない作りでした。事故は私が引き起こしたようなものです。
被害者の方はもとより、加害者の方にも本当に申し訳なく、お詫びに伺いました。
その事件以降、デザイン性より安全性=どんなにオシャレな造りになろうとも、ビッグオフィシャルからの依頼であっても、「発光部が重い+先端が固い作り」の製品は、絶対に作らないとTurnONとして決めました。
さらに細心の注意を測り、徹底管理と早急な対応ができるよう、発光部はすべてMADE IN JAPANにしました。
最近、ペンライトメーカーが増えてきて、「発光部が重い+先端が固い作り」を多々見かけます。デザイン性なのかなんだかわかりませんが、楽しいライブを台無しにする、明らかに凶器と言いきれます。

 ◆ 表面に絶対に塗装はしない=結婚指輪に塗装が付着して取れない…

ペンライト本体と発光部にオシャレに銀メッキ塗装したことがあります。そのとき、女性のお客様から「指輪に塗装がついて取れない」と終演後の会場でクレームを受けました。
指輪の細かな部分の装飾に塗装がこびりついて、結局、その場では取れませんでした。聞けば結婚指輪とのこと・・・。
ペンライトは確かにギュッと握って使うものです。配慮が足りなかったと痛感させられました。
デザイン性にこだわるばかり、大変なご迷惑をかけてしまいました。表面塗装は確実に剥がれます。それ以降、ペンライトの塗装は、絶対にやらないことにしました。

 ◆ チラツキ=フリッカー・点滅を見ていたら、具合が悪くなった…。

    =「光過敏症発作」を、誘発する可能性の問題。
      ※20,000本も回収・交換した苦い経験があります。

数年前、TVアニメを夢中になって観ていた子供たちが突然けいれんを起こし、多数が救急車で搬送される事態に拡大した「光の高速点滅問題」=「光過敏性発作」を、誘発する可能性の問題です。

この事件後、映像の分野においては、厚生省や放送倫理委員会などが、専門医の協力や英国などの基準を参考に、「1秒間に3回以上の点滅は避けるべきである。」との見解を発表しました。(警告事項として。)ペンライトは「暗闇」の「興奮状態」で使用される「光」であります。回路設計不良による超高速点滅の「目に見えるライトのチラつき=フリッカー」はもとより「1秒間に3回以上の点滅」は避けて創らないと…。

私たちは某オフィシャルペンライトで、コンピュータの設計ミスにより「フリッカー」が生じ、約20,000本を回収・交換した苦い経験があります…。

 ◆ 注意!

    「PL保険未加入」のペンライト+業者が多すぎ!=使用時・破損時の安全性の軽視
     コンサート&アーティスト&プロダクションそして、ファンに対して無責任すぎます!

ペンライトは「コンサートの興奮状態で振りまわす」=「危険な使われかたをする」ことが明らかな製品です。当然消費者保護の「PL法適用」=「PL保険」に加入しなければならない危険な製品=それが製造業者と製品の責任です。

しかし実際は「PL保険」に加入していない製品・業者が平然と…。ビックリしました。まあ「PL保険加入」には審査があり、しっかりとした製造知識や製品安全性が求められ「どんな業者・製品でも加入できる保険ではありません」ので…。

あるツアー中、某ペンライト業者に「こんなつくりじゃ確実に事故が起こるぞ!PL保険加入は?」と聞いたら「関係ないでしょ。その時は値引きでもして謝れば…」と。「バカかお前ら!」と怒鳴りつけたことがあります。こんな無知で素人のいい加減な人たちが「いい加減につくったペンライト」じゃ「不良品&クレーム&事故は当りまえで当然」です!

 ◆ 採用実績

     10年間で約520組のアーティスト・コンサートに採用されました

おかげさまで今まで10年間に、約520組ものアイドル・演歌・韓流スターなどのアーティスト、さらには国際イベントにまで弊社のコンサートペンライトが採用されました。実績を全部お知らせしようと思ったのですが…
弊社では第三者の商標権(商標法第25条、37条1号)、人格権などとの関係により、具体的なアーティスト名の表示を控えております。
実際に「公表はNO!」と芸能プロダクションから言われたケースもありますので…

コンサートに参加された一般のお客様からの声が掲載されているページがありますので、ご興味を持たれた方はご覧ください。

TURN ON
ペンライトのターンオン会社概要 ターンオンペンライトオリジナル制作 コンサートペンライトターンオン特許 コンサートペンライトターンオン問い合わせ
コンサートペンライト/ネイルシールのターンオン


TurnON co.,ltd. All Rights Reserved.



ターンオン ターンオン